読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早稲田卒ニートブログ

早稲田大学を卒業し大企業やベンチャー企業で働き、今はニートのアラサーのブログ。マンガ、アニメ、ゲーム、映画、ドラマのランキングなどなど。

【見だしたら止まらない】おすすめの海外ドラマランキングベスト11

自分が今までの人生の中で観た海外ドラマの中で、おすすめの作品ランキングベスト11。
長い作品もありますが、このランキングを見てまずはシーズン1の1話目でも観てもらえたら嬉しいです。
ちなみに1位と2位のドラマはDVDを購入してまで、何度も観ている作品です。
 
※個人の主観に基づくものなので、好みによる偏りがあります。
 

11位 ブレイキング・バッド

エミー賞とかゴールデングラブ賞とかめちゃくちゃとってギネスに載った作品。
最初は何このドラマってなるけど、だんだん面白くなってくる。
ただ、自分は世間の評価ほどではなかったです。普通に面白いんだけどね。

10位 メンタリスト

こちらはホワイトカラーと設定がかなり似ている作品。
ホワイトカラーは元詐欺師は捜査に協力するけど、こちらは元霊能者(メンタリスト)が捜査に協力する。
主人公のジェーンは頭は良いんだけど、たまにお茶目なところが魅力的。

9位 CSI:科学捜査班

スピンオフも色々と出ているアメリカの長寿ドラマ。
わかりやすい王道の刑事モノ。
科学捜査官なので、アクションと言うよりは証拠をつなぎ合わせて解決する感じ。 

8位 バーン・ノーティス

爽快感のあるマイアミがめっちゃ爽やかなドラマ。
マッドメンも舞台が良かったけど、これもマイアミの舞台というのが良い。
1話完結で爽快感のあるドラマなので、テンポよくサクサク観れます。 

7位 ゴシップガール

まずは何と言ってもチャックが良い味出してる。
あと、みんなセレブリア充すぎる。
女性はもちろん、男性も楽しめる作品です。

6位 クリミナル・マインド

よくあるいわゆる刑事ドラマモノの中で一番好き。
この作品で特徴的なのが、解決するのが連続的で猟奇的な犯罪ばかりというところ。
1話完結なので、気軽に観れる。 

5位 ホワイトカラー

イケメンで頭が良い主人公っていうのは、なんかプリズンブレイクに似てる気がする。
登場人物がみんな魅力的で、特に主人公の天才詐欺師ニールとFビ捜査官ニールの掛け合いが好き。
ニールの頭脳で知的犯罪を解決するのが観ていて気持ちいい。

4位 マッドメン

60年代のアメリカの広告業界が舞台というのが、すごい良い。
仕事中に席でタバコはもちろん、酒も飲むのが時代を表してると思う。
今では考えられないことが色々出てくるドラマ。

ハーヴィーは、マンハッタンの大手法律事務所ピアソン・ハードマンで働く敏腕弁護士。難しい訴訟を解決に導くクローザーとして一目置かれる存在だが、部下を持ちたがらず、面倒も一切見ない一匹狼だった。 そんな彼を見るに見かねた所長のジェシカは、シニア・パートナーへの昇進と引き換えに部下のアソシエイトを雇うことを命じ、仕方なくハーヴィーはアソシエイトの面接を始める。 マイクはたったひとりの肉親である祖母の入院費を稼ぐため、友人の勧めでマリファナの運び屋まがいの仕事を引き受けていたが、それが警察の罠であることを見抜き、偶然ハーヴィーの面接会場へと逃げこむ。そこでハーヴィーは、マイクが天才的な頭脳を持っていることをすぐに見抜き、アソシエイトへの採用を決める。しかし、”ピアソン・ハードマン”は、ハーバード大学のロースクール出身者しか採用しないという伝統を持っていた。ハーヴィーはマイクの経歴を詐称することを提案し、2人は秘密を共有する運命共同体となり、数々の訴訟に挑んでいく

(引用元:海外ドラマ「SUITS/スーツ」)

 

魅力的な登場人物と面白いストーリーで、個人的にはここ数年の海外ドラマの中で一番面白かったです。

半沢直樹が好きな人にはかなりおすすめで、スーツも必ず好きになると思います。

序盤からすぐにスーツの世界に引き込んでくれるので、騙されたと思ってまずは数話で良いので観てみてください。

 

詳しく記事にもしているので、興味があれば是非。

waseda-neet.hatenablog.com


2位 プリズン・ブレイク

プリズンブレイクはシーズン2以降はぼちぼち面白いくらいだけど、シーズン1は他の海外ドラマを合わせても断トツに面白い。
シーズン1は繰り返し観ていて、おそらく10回以上観てます。
とにかくシーズン1だけでも是非観て欲しいです。 

1位 24

日本に海外ドラマブームをもたらした火付け役の作品。
初めて観た時に、面白すぎて衝撃的だったのを覚えている。
24がすごいのは、ファイナルシーズンのシーズン9まですべて面白いこと。